第3回学校説明会はこちらへ(受付開始しました)
 
COUNTER5906

校長だより

校長だより
12345
2018/10/12

10月全校集会・講話

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

 シンギュラリティという言葉を聞いたことがあるでしょうか。技術的特異点という意味ですが、これでは何のことかわかりませんね。現在、この言葉は情報処理の分野でよく使われます。簡単に言ってしまえば、「人工知能、つまりAIが、人間の知能を超える時点」ということです。遠くない未来、2045年には、シンギュラリティに達すると予測する科学者もいます。

 しかし、シンギュラリティはあり得ない、と言う方がいます。国立情報学研究所の新井紀子教授です。「コンピュータができるのは、四則演算と、統計処理と、情報検索。基本的にこれしかやっていないのだから、人間の知能を超えることはない。そもそも、人工知能、AIなど、今現在、存在していない。AIを目指してつくられた技術、AI技術があるだけだ」と、新井先生は言います。

 実は、今、AIとよばれているものには、言葉の意味の理解ができません。つまり、考えることができない。それでは、とても知能と呼ぶことはできないでしょう。そして、コンピュータが計算と統計と検索だけやっている限り、たとえどれだけ大量のデータを処理したとしても、「知能」にはなり得ないのです。

 どうですか、少し安心しましたか。しかし、安心できない現実もあるのです。

 知能とは呼べないAI技術、それがこれから、人間の仕事を奪っていきます。なぜなら、「考えなくてもできる仕事」、つまり計算と統計と検索で対応できる仕事が、世の中にたくさんあるからです。そして、その面においては、コンピュータは圧倒的に強い。

 銀行の窓口業務は、もうずいぶん前からATMというコンピュータに置き換えられてきましたが、現在では、融資の審査がコンピュータ化されはじめました。ネットバンクではすでに導入され、大手金融機関でも来年の春に導入、という記事が5月の新聞に出ていました。銀行の融資担当といったら、銀行の主役です。それがAI技術にとってかわられる日が近づいています。また、今日の新聞では、ビッグデータの企業間でのやりとりが開始される、という記事も出ていました。何が、どういう人に、いつ売れたのか、そういう情報をコンピュータで分析し、企画、生産、販売を管理していく。ここでも企業経営の中核を担っていた人の仕事がコンピュータに置き換えられていきます。

 こうした例に見るとおり、本当に多くの分野で、人々の仕事がコンピュータに取って代わられる。そしてその仕事は、ホワイトカラーが担ってきたものがとても多いのです。みなさんのライバルは、知能を持ったコンピュータではなく、すさまじい計算・統計・検索の力を持ったAI技術です。

 どうしたらいいのか。答えは、AI技術にできない力を身につけること。さきほどお話ししたとおり、AIは考えることができません。おそらく、将来にわたってできない。ならば、考える力を身につけることで、次世代を生き抜くことができる。

 では、考える力とはなにか。先の新井先生は、その一例として、「推論」「イメージ」「具体・抽象」を挙げています。「推論」とは、常識や自分の経験、その他さまざまな知識を動員して物事を理解していくこと。「イメージ」とは、言葉からイメージを導き出す、あるいはイメージから言葉を導き出すこと、そして「具体・抽象」とは、具体的なものを概念にまとめる、あるいは概念から具体的なものを生み出すこと、です。こうした思考を積み重ねていくことで、私たちは考える力を鍛えることができる。

 しかし、ここで冷静に振り返ってみてください。みなさんが、積極的に授業を受けているとき、「推論」「イメージ」「具体・抽象」という働きをフル稼働させているのではないですか。あくまで、主体的に、積極的に、授業に参加しているときですが。あるいは、人文科のみなさんが取り組んでいる「探求」は、こうした活動そのものではないですか。

 そう、簡単に言ってしまえば「常に考える」、その習慣を身につけること、それこそが次世代を生き抜く力を育むのであり、そしてそれは、今、ここで、鍛えることができるのです。また、今日から、しっかり考え、主体的・積極的に行動していってください。


14:08 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2018/09/11

PTA、同窓会の活動に感謝します

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 9月8日(土)、春東祭一般公開は大盛況のうちに終了しましたが、同日、PTA、同窓会にもご協力いただきました。その様子をご紹介します。
 東高PTAは、例年と同様、三階理科講義室でバザーを開催しました。運営してくださった皆さま、また、出品してくださった皆さまに感謝申し上げます。
 
 また、バザー会場前では、さきの西日本豪雨災害、及び北海道胆振東部地震の被災者援助を目的に、PTA主催で募金活動を実施しました。ご協力くださいました方々に御礼申し上げます。
 
 同日午後1時より、同窓会長から生徒会長に、活動援助金が手渡されました。文化祭、その他学校行事をさらに活発にしてまいります。ありがとうございました。
 
 東高を支えてくださっている方々に、この場を借りて、改めて御礼申し上げます。これからも東高発展のため、みなで努力してまいりますので、今後ともご支援よろしくお願いします。

15:08 | 投票する | 投票数(15) | コメント(0)
2018/09/08

♢♢♢ 春東祭グランドフィナーレ ♢♢♢

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 第42回春東祭は、1800人を超えるお客様をお迎えし、大盛況のうちに無事終了しました。

【音楽部】
 
【吹奏楽部】


本年度の部活大賞は、吹奏楽部でした。体育館での演奏は、パフォーマーの活躍もあって、大盛況でした。
 
 


午後3時半から、クロージングセレモニー。
今年の東高大賞は、3年5組「死児之齢」が獲得しました。
【オープニング演奏】
 
【腕相撲決勝】
 
【表彰式】
 
【閉会宣言】


今年の春東祭は、大勢のお客様をお迎えし、本当に盛り上がりました。
ご来場くださったみなさまに、心より感謝申し上げます。
生徒のみなさん、来年は、さらに盛り上げていきたいましょう!

16:27 | 投票する | 投票数(32) | コメント(0)
2018/09/08

♦♦♦ 春東祭一般公開スタート! ♦♦♦

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
春東祭一般公開がスタートしました。
学内の様子を紹介します。

【アーチ】
  
【演劇部】
 
【書道パフォーマンス】
 
【中庭パフォーマンス】
 

【物理部】
 
【化学部】
 
【生物部・金魚すくい】


どのフロアも、大勢の来場者で大盛況です。
 
午後もまだまだ続きます。楽しい企画で、来ていただいた方をおもてなししたいと思います。

12:20 | 投票する | 投票数(54) | コメント(0)
2018/09/07

♢♢♢ 春東祭校内公開 ♢♢♢

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
本日の校内公開の様子を少し紹介。
【1階フロア】
 
【3階フロア】
 
【4階フロア】
 
【5階フロア】
 
【美術部】
 
【書道部】
 
【華道部】
 
【地学部・台風発生実験】
 
【中庭でのパフォーマンス】


明日は10時から一般公開です。大勢の方のご来校をお待ちしております。
16:12 | 投票する | 投票数(37) | コメント(0)
2018/09/07

高校野球地区予選、勝利で県大へ前進!

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 9月7日(金)午前10時より、牛島球場にて、高校野球秋季大会東部地区予選が行われ、春日部東高校は獨協埼玉と対戦、4–2で勝利しました。2対1で迎えた7回表、東高はスクイズ、タイムリーツーベースなどで3点勝ち越し。一方、獨協埼玉も最終回にソロホームランの後、ノーアウト一塁と食い下がりましたが、最後はエースの力投と硬い守備力で後続を許さずゲームセット。勝利を収めました。
 その様子を、スナップで少し紹介。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


次の試合に勝てば、いよいよ県大会です。頑張れ、野球部!

15:45 | 投票する | 投票数(34) | コメント(0)
2018/09/07

♦♦♦ 春東祭オープニングセレモニー ♦♦♦

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
いよいよ、第42回春東祭が始まりました。
まずは、オープニングセレモニーの様子を、画像で紹介!

【開会宣言】
 
【実行委員長挨拶?】
 
【少しの間、騒がせてください…】
 
【演劇部】
 
 
【THE☆キューティーガールズ】
 

【ダンスリーダー】
 
 
 
【サッカー部】


今日は11時30分から校内公開、明日は10時から一般公開です。
14:54 | 投票する | 投票数(27) | コメント(0)
2018/09/06

現実社会へ目を向けよ! 人文科講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 9月5日(水)午前10時20分より、イオンホールにて、平成30年度人文科講演会を開催しました。本年度は、元日経新聞論説員で、現在実践女子大学・東京家政大学で教鞭をとっていらっしゃる、岩田三代氏を講師にお招きし、「これからの女と男」というタイトルでお話しいただきました。
 
 最初は、パワーポイントによる講演です。初めて知ることも多かったと思います。
 
 講演に引き続いて、ワークショップが開催されました。「デートで食事、割り勘、それとも奢り?」がお題。グループごとに、活発な議論となりました。
 
 まとめの発表では、いろいろな意見が披露され、時には笑いも。
 
 
 質問の時間には、「男女共同参画社会の現状」を問う、鋭い質問が出され、講師の岩田先生も真剣に答えてくださいました。
 
 そして、謝辞では、生徒から「これからの時代、任せてください!」の決意表明が飛び出し、盛況のうちに講演会は終了しました。


 本当に、「時代の最先端を行く人文科」ならではの文化講演会。
 今回の経験を糧に、さらに「学問」を究めていってください。


14:34 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2018/09/03

2学期始業式 講話

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 長い夏休みも終わりました。みなさんは充実した夏休みを過ごすことができましたか。私は、山本シュウさんという方の講演を聞く機会がありました。山本さんは、「レモンさん」というキャラクターでラジオのD.J.を務めている方です。また、NHKでも「パリバラ」の司会を務めておいでなので、知っている人もいるかもしれません。
 山本さんは、かなりインパクトのあるルックスでした。大きなレモンの被り物を頭にかぶって、登場するなり「こんにちは、シンセキのみなさん!」と呼びかけるのです。この会場に集まっている人は皆、親戚みたいなもの、だからいつもこう呼びかけるのだ、と言っていました。最初、私は、こういう掴みもあるのだな、くらいの感じで聞いていましたが、実は、全然違ったのです。
 山本さんが言いたいこと、それは、人はみんなつながっている、そして、人は一人では生きていけない、ということだったのです。
 山本さんは言います、みなさんがこの世に生まれてきたとき、誰のお蔭で生きていくことができたのですか。お父さん、お母さん、家族のみんなのお蔭もあるでしょう。でも、生まれてすぐ、寝かされたベッドは誰が作ったのでしょう。布団は、おむつは、ほ乳瓶は、誰が作ったのでしょう。病院で赤ん坊のあなたの面倒を見てくれたのは、家族だけだったでしょうか。本当に大勢の人のお蔭で、あなたは生まれ、そして育っていったのではないですか?
 そう、すべてはつながっている。人と人のつながりで、みんな生きている。生きていける。みんなお互い様、親戚づきあいみたいなものだ、そう山本さんは言うのです。
 人はつながることで生きていける。誰かのお蔭で生きていくことができる。そして、私たち一人ひとりも、誰かのために、誰かとつながるために、学んだり、働いたりしているのだ。そんなことを山本さんから教えてもらった気がします。そして、そう思うと、なんだか急に元気が出てきました。
 たぶん、山本さんから教えてもらったもう一つのこと、それは、人は、人の思いを受け取り、人に思いを伝えて、そうやって生きてきたんだ、ということ。誰かの思いを受け取り、誰かの思いとともに生き、誰かに思いを伝えていく。やはり人間は、みな、つながっているのでしょう。
 みなさん、いよいよ2学期です。自分自身をしっかり見つめ、充実した日々を過ごしてください。

11:56 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2018/08/06

人文科 オーストラリアへ!

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
8月4日(土)、人文科の2年生がオーストラリア海外研修に出発しました。


搭乗手続きを済ませ、ゲートを通っていよいよ出発!
 


10日間の研修、アクティブに、ポジティブに、最高の思い出を作ってきてください!
 

17:13 | 投票する | 投票数(23) | コメント(0)
12345