COUNTER41727

人文科ブログ

人文科ブログ
12345
2019/10/18new

Let's challenge☆(2020海外研修説明会)

Tweet ThisSend to Facebook | by 人文科担当
2020年海外研修の説明会を実施しました。

普通科からの参加を含めて27組が出席してくださいました。
たくさんの保護者の皆様にもお集まりいただきありがとうございます。

手続きのお手伝いをいただく旅行社さんからの旅行概要です。
当然、旅行代金は…かかります。ちゃんと家族会議を!(^^)!

今後の申込み手続きについてお話しました。
申込みには、参加理由を作文してもらいます。

終了後にも、さまざまな質問をいただきました。
来週から10月末日までが、申込み期限です。

いろいろな不安を乗り越えることも探究です。
是非、積極的に挑戦してください\(^o^)/
15:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/10/10

秋深まり、探究深める。

Tweet ThisSend to Facebook | by 人文科担当
水曜7限は、人文科探究です。

2年生は、探究論文の個人指導です。
仮原稿を手に、指導の先生の指導をうけます。


論文は、自分でない誰かに伝えるために書きます。
指導の先生は、最初の読者です。


先生方の、コメントを真摯に受け止めて、自分の思考を深めましょう。



1年生は、自分の課題を設定してゆきす。
もう一度、課題設定の作法を確認して、


自分の関心領域を、再整理します。
すでに作ったマインドマップから、
ブレイクダウンしてもう一度マインドマップです。

ようやく、秋らしくなってきました。
それぞれの探究も深めましょう\(^o^)/
08:18 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/10/02

オーストラリア研修を1年生へ伝える(*^^)v

Tweet ThisSend to Facebook | by 人文科担当
本日の水曜7限探究は、
2年生から1年生への”海外研修報告会”です。

人文科から参加した生徒15名から、
1年生へ研修での様子等を伝えました。

飲み物やお菓子持ち込んで、和気あいあいと話が弾みます。

現地での様子を紹介したビデオからは
シドニーの空気が直に伝わりますね(*^。^*)

ガイドのナオミさんとティファニーからいただいた
キャンディーもふるまわれました。

自分の夏の経験を自分の言葉でツタエルことを通じて、
研修に参加した2年生が、またひとまわり成長したように思えます。


1年生が行く! 2020年オーストラリア海外研修も募集が始まります!
新しいことに挑戦して、新しい扉をひらこう!!
17:34 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2019/09/28

海外研修報告会・解団式

Tweet ThisSend to Facebook | by 人文科担当
2019年度オーストラリア海外研修 報告会・解団式 です。
多くの保護者の皆様をおむかえして、
参加者20名が、オーストラリアでの経験を 英語で 報告します。


思い出のフォトフレームを手に、ホストを語ります。


解団式では、団長の石川さんからのあいさつがありました。

オーストラリアでの彼女の一番の学びは…
 ホストやバディが ” 理解しようとしてくれた ” ので
 私も ” 伝えよう ” と、つたない英語で話すことができたこと  
と。

だから、これから英語を磨くだけでなく、
他の人を理解しようとすること、自分の考えを伝えようとすることを
心がけたいと、語ってくれました。

そして何度も何度も、
海外研修をささえてくださった日本とオーストラリアのご家族をはじめとする
すべての人々への感謝をつたえてくれました。

ひとりひとりが、おもいおもいに、かけがいのない経験を
今後の人生に活かしてください。スマイルを忘れずに(*^^)v

解団式をもちまして、
2019年度海外研修 無事に終了することができました。

保護者の皆様をはじめとし、
さまざまな場面において、ご理解・ご協力をいただきました
すべての皆様にこころより感謝申し上げます。
13:37 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/09/28

今日も探究(-"-)

Tweet ThisSend to Facebook | by 人文科担当
水曜7限は、探究です。

2年生は、原稿を推敲します。

個人先生の指導、仲間のコメント、
そしてなにより、自分自身の思考の深まりに…
何度でも、問いなおしを求められます。

論文は、書くだけで完成とはいきません。



1年生は、夏に集めたネタ(文献・資料)をマッピングします。
まずは、自分で自分のネタにタイトルをつけて
それらがどのようなつながりがあるのか、
マッピングしてゆきます。

もちろん、仲間同士コメントをして
自分の思考を深めます。


 I am not what I was.
今の私と、過去の私とは別人です。
昨日書いた原稿も、今日読んでみると…
ちがってみえるものです。

だから、なんどでも問いなおすのです。
13:20 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345